ぼくと経済学と時々音楽

来年から経済学大学院に入院することが決まった人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神戸オフ

ねんねさんと分かれた後はすん君に案内してもらいながら神戸観光しました!

初めての神戸だったんだけど予想に違わず奇麗な街で感動しました!

いつかまた来たいな~と思いました^^


というわけでレポ
[ 2010/03/30 12:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

卒業旅行後編

前回更新から大分空いてしまいました。ちょっとリアル生活が立て込んでいまして更新が滞りました。
この間卒業式やら追いコンやら引っ越しやらと大分立て込んでまして^^;
今は実家に帰ってきてばあちゃんじいちゃんに顔を見せているところで一段落したところです。

というわけで卒業旅行後編




前回の更新の最後がUSJだったと思いますが、その後大学の皆とお分かれして一人関西に残りました。
せっかく関西きたんだしもう少し滞在したいなって思ってたんだよね。
というわけで大学の皆と分かれた日の夜は学ブロやtwitterでファンの多いねんね姐さんとデートでした!いいだろ!

[ 2010/03/30 10:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

SHOWY卒業旅行!!

お久しぶりです!一週間ほど更新が滞っておりました。と、言ってもこのブログの読者の殆どはtwitterで繋がっているのでナニをしていたかは筒抜けですね笑。


3月1日から6日まで関西に卒業旅行に行ってきていました!後半は関西のついったらーぶろがーの皆と遊びました。

今日は前半戦の卒業旅行について更新します!といっても便利なものでtwilogをコピペしてきて随時編集するって形になります。写真もHTMLに組み込んでくれるので大変便利ですね<twilog


長くなりますが続きが気になる人は続きを読むをどうぞ!
[ 2010/03/09 17:52 ] 就活 | TB(0) | CM(0)

メモ帳活用初級編 

そういえばメモ帳って一応手元に持ってるものの使い方工夫とかしてないな~って思っていたところ、先日の日経ビジネスAssocieでノート術特集が行われていたのでふっと手に取ってみた。




今日はその中から気に入ったものを幾つか紹介したいと思います。

ちなみに僕の独断と偏見ですが評価ポイントは、面倒じゃないこと!


僕は結構ものぐさで日々のメモなのに奇麗に図や絵を描いたり、色とりどりの付箋を使い分けたりと言ったことが凄く面倒に感じるのですw


では開始



◆ノート活用の原則:用途ごとに分ける

紹介されている方法の多くがコレに乗っ取っています。用途と分け方に分けて説明します。


『用途』

多くの方がノート/メモに取る情報を大雑把に二つに分けていたのが参考になりました。つまり、『他人からのインプット』と『自分のアウトプット(アイディア)』の二つを分けて記述するのです。

他人からのインプットにあたるのは、対人的コミュニケーションから得た情報、書籍や講演で得た情報、インターネット上で得た情報などです。

自分のアウトプットは、文字通り自分の日々の閃きです。コレを忘れないように記述していきます。


『分け方』

上記のインプットとアウトプットを明確に分けて記述していくことで思考の整理もしやすくなるのでしょう。では分け方はどういったものがあるでしょうか。

一番シンプルなのが、インプット用とアウトプット用にノートを分けることです。

単純で解りやすいのがいい点ですが少しものがかさばりますね。ほかに紹介されていたのが、ノートの見開きをアイディアゾーンとインプットゾーンに分けると言ったものや、色で分けるものってものでしたが、個人的には何も考えなくていいノート分けが一番気に入りました。



◆ケーススタディ

たくさん紹介されていたノート活用術の中から気に入った2つをサーベイ


Case04:神原一光さん

Idea Hack として自分のアウトプットのネタをノートに書き込むときに通し番号を振っていくことがあげられています。

アイデアに通し番号を振ることで自分のアウトプット/気づきが増えていくのが実感できてモチベーションを維持できると思います。


Case07:竹内里枝さん

TODO Hack として中長短期の軸でTODOを管理する方法

竹内さんの方法は、ノートの見開き右ページに中長期のTODOを書き込み、突然舞い込むTODOやすぐに処理できるTODOを左ページに付箋でばしばし貼付けていく方法です。

この方法がいいなって思ったのは短期を付箋で分離している点です。短期TODOは次々と舞い込んでくるので一緒に書き込むとぐちゃぐちゃしてきますよね。付箋を貼る場所を分離して、かつ取り外すことの出来る付箋って道具を使うことで上手く短期TODOをさばけそうだなって思いました。



どちらもシンプルなことがいいですね。



◆まとめとITとの関連

今回読んで自分が取り入れようと思ったポイントは紹介した3つ

  1. 事実と考えを分離するためにノートを二つに分ける

  2. アイディアに通し番号を振ってモチベーションをキープする

  3. 短期TODOを付箋で分離する


ふたを開けてみるとシンプルを追求するとよく見る方法に落ち着くんですね笑。翻すといろんなHackには共通する考え方があった、それを自分で掴むといろんなモノに再現性を確保できるのかもしれないですね!

さて、今回レビューした日経ビジネスAssocieではローカルなノート術に絞った特集でした。最近興味があるのがネット上で得た情報の集積とアウトプットの連携です。

ネット上でtwitterやRSSで拾ってきた情報を後で読むやEvernoteを同期して一括した場所に集積する体制にはしているのですが、それらを集めるだけで読みっぱなし、もしくは集積しっぱなしにしている面もあるんですね。これらを上手く自分の知識や、使えるアイディアに棚卸しするスキームを組むのが最近のもっぱらの関心です。

例えば、毎週日曜は集積した情報の棚卸しの日にして特に残したい情報を汲み取る日にするとかですかね。こっちはもうちょっといろいろ調べたいなって思っている近況です!


こんな感じで何か皆さんのおすすめ活用術(面倒じゃないやつねw)があったらコメント欄まで^^





[ 2010/02/27 13:14 ] Life Hacks | TB(0) | CM(1)

手段の目的化っていう陥りやすい失敗

目的を達成するための手段なのに、その手段が目的化してしまうっていう失敗は実は結構日常に溢れているんじゃないかと思う。

twitterやblogを通して色んな人に触れてそう思うようなことが増えた。

以下のパターンに起因しているケースが多いように感じる



思考の放棄

制約条件・目的の無視

手段への過度の信頼・依存





例を示すとわかりやすいかもしれない。2つ例を示そう。


ケース1:楽器の練習

日々勤勉に練習場に来ては何となくロングトーンをし、演奏会でやる譜面とかをパラパラと練習して帰っていくけど、一向に上達が見られない人々

そういう人達に限って『黒い譜面に対応できない』『音程が合わない』『音色が汚い』と嘆く。

今日のロングトーンは音程を取るためにやっているのか、音色を改善するためにやっているのか?複雑な譜面に対応したければ、どういったエチュード・スケールをしたらいいのか?

練習は練習のためにあるのではなく、吹きたい譜面を吹くため、表現したい音楽を実現するためにある。練習をするために練習しているのではない。

練習の目的は何か?



ケース2:月に本に15万円も費やすけど一向に成功していないカツマー信者

2、3年前から始まったビジネス書におけるカツマーブームも別な形で盛り上がりを見せている昨今ですが、月に15万円分も本を読んだのに一向に成功の兆が見えない人々

確かに勝間さんは彼女の著書の中で書かれていること(を売ること)で成功したかもしれないが、その方法をそのまま鵜呑みしたからと言って成功できるわけじゃないと思う。まず、何のためにそういったテクニックや概念を学びたいのか考えただろうか?沢山読めばいいってもんでもないと思う。

ビジネス書を多読する目的は何か?何を得たいか?


また、自分の置かれた環境(制約条件)をどの程度考慮に入れているだろうか?

彼女/自分の予算制約、彼女/自分の現状のキャリア、そもそも彼女/自分の選好などといった違いをどの程度考慮しているだろうか。本や人から学んだことは、自分の制約条件に合わせて調節しなおさないともはや最適とはいえないかもしれない。

制約条件は何か?学んだことを最適化しなおしているのか?






これら2つの例でこの記事で伝えたいことは大体網羅されている。何でこんな記事を書こうと思ったかと言うと昨日美容院に行って担当のスタイリストさんと以下のようなやり取りがあったからだ。

全国から美容師が集まる何かのコンペティションから帰って来た翌日だったらしく、御偉いさんの講演があったという。

「有名な方の講演だったんですね~。何か勉強なることとかあったんですか^^」

「実は前日遅くまで飲み会があってかっくしかっくし笑。でもね、その人の成功した方法を聞いても成功できないと思わない?その人はその人にあった方法だったから成功した。確かに勉強になることはあるけど、私にはワタシの強みにあった方法があるし、みんなが成功した人の話をきいてみんなが真似したら成功なんてできないでしょ^^

とても納得したし、プロとしてやってる人の話を聞くのはどんな分野でも面白いなと思いました。自分がもやもやと思ってたこととぴったり当てはまったやり取りでした。




<まとめ>

手段がいつの間にか目的になってしまっているってのは気付いたら陥っていることが多いことなだけに注意が必要だなと思います。

  • 目的は何か?

  • その方法は自分にとって最適か?

  • 誰しもが知っている成功話を真似したところで突出できない


手段は目的のための手段でしかないと忘れないことと、目先の手段を自分向きに最適化しなおす真摯な姿勢が肝要かと思います。


[ 2010/02/19 09:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
photphotphotoh
FC2カウンター
月別アーカイブ
08  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  09 
now reading
ハセの今読んでる本
COUNT DOWN


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。