FC2ブログ

ぼくと経済学と時々音楽

来年から経済学大学院に入院することが決まった人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

行動経済学入門




以前ぎゃん?か誰かが面白かったと言っていたのを覚えていてかどうかは定か出はないけど丁度学校の図書館にあったのが目について借りてきて読みました^^

何かここ数日は限定合理性等々行動経済学関係のレビューが続いておりますね。おそらく今日が一区切りです。


と言うわけで目次

  1. 行動経済学とは何か?

  2. 人間はどこまで合理的か?

  3. 近道を選ぶと失敗する

  4. プロスペクト理論

  5. 非合理な投資家は市場を狂わす

  6. 人間は「超」自制的か

  7. 人間は他人の目を気にするもの

  8. 心理学的アプローチの限界と今後の展望



この本ではまず初めに、伝統的なミクロ経済学および新古典派経済学が前提とする経済主体に対する3つの仮定,つまり無尽蔵な合理性,完璧な自制心,極端な利己主義がどのような結果をもたらし、私たちの直感や現実の行動にどういった面でそぐわ無いのかを俯瞰します。

それを踏まえて、より現実の経済主体の行動に近い形モデルを修正するにはどういったアイデアが必要か、どう言う風に仮定を緩めるのかと言うことが行動経済学の観点から説明されます。

伝統的な経済学が仮定する合理性をはじめとする数々の仮定を現実にそぐわ無いからと否定するのではなく、より現実に整合的なモデル・分析をなすために行動経済学もしくは心理学からの知見をどう生かせるのか?と言うことを伝えたいト言うのが趣旨であると思いました。

本書の中でも
こうした人間像を無批判に信用しても、現実の人々の行動や経済現象のすべてを説明できるわけではなく、合理性の限界や損失を嫌う性格、自分を律する能力の限界、相手の態度に対して自分の態度を決める行動原理といった心理的なファクターを人間像に加味することが必要であるというのが、本書の主たるメッセージでした。(P.219より引用)
とあります。

終章でも行動経済学は標準的な経済学と補完関係をもって、現実の説明力を強めて行くという形で発展するだろうと書かれています。行動経済学は面白いテーマが多いなと思いつつ、アドホックな議論も多いなと漠然と思っていたので、こう言った形で説明されると納得することが出きました。一方で、伝統的な経済学は強い仮定をおくことで論理一貫性を追求していますね。


------------------------------------------



さて、少しだけ本書の中身に触れましょう。
といっても面白いトピックが一杯で全部を説明する気にはなりませんし、ネットにはいっぱい情報があるのでキーワードと特に興味を持った点だけ簡単に言及したいと思います。

キーワード親指の法則、最適化コスト、限定合理性、合理的期待、近似合理性、代表性の近道選び、少数の法則、アンカリング、認知不協和、プロスペクト理論、現状維持バイアス、心の家計簿、ナイトの不確実性、効率的市場仮説、行動ファイナンス理論、近視眼的損失回避性、双曲的割引、時間非整合性、相互応報的動機、平等志向

これらをぐぐれば多分色々でてくるんではないでしょうか?多分行動経済学は一般受けもイイので解りやすいページも少なくないでしょう。



さて僕個人的に興味を持った章は第5章非合理的な投資家は市場を狂わすです。

僕自身まだ勉強が足りないので経済主体は代表的個人でかつ合理的なマクロモデルしか取り扱ったことがありません。こういった合理性に関する議論はtwitterを始めとしてちょくちょく聞くようには成っていたので、合理性の仮定のまずい点もちょくちょく聞いていました。
こういった、話をきてい僕が勘違いしていたのが合理的か非合理かのオールおあナッシングなのかな?ってことでした。しかし、この章で取り扱われたモデルでは『少数の非合理な経済主体が多数の合理的な経済主体の存在する経済に存在する』というモノでした。

そして、ここで取り扱われたモデルの重要な含意は非合理な経済主体の数がたとえ少数であってもマクロの指標には大きな影響をもたらしうると言うことが示されたことです。

びびびって気ました笑。なんとうか、現実には合理的な主体も非合理な主体も存在していると感じるし、そういったいろんなタイプの主体が存在することで、伝統的なマクロ経済学で説明しがたい結果が現実におきているっていうのも説明できそう!と。


ただ、経済主体のタイプを増やすと途端に難しくなるらしいのでもっと努力が必要ですね笑。
目下、MankiwのSavers-Spendersモデルに興味があります。



というわけでレビューのつもりがおわりの頃にはマクロの話題になってしまいましたが、それだけ行動経済学はいろんな分野にいろんなアイデアを与えてくれるかも!ということで綺麗にまとめます。
[ 2010/02/14 01:36 ] Bookレビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

photphotphotoh
FC2カウンター
月別アーカイブ
08  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  09 
now reading
ハセの今読んでる本
COUNT DOWN


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。