FC2ブログ

ぼくと経済学と時々音楽

来年から経済学大学院に入院することが決まった人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7つの習慣 第一部

7つの習慣を読み始めました。全部読んでからまとめてレビューしようかとおも思ったんですが、そういった類の本でもなさそうなので、その都度思ったことを書きとどめていく形式にしようかと思います。

なにより、のっけから

インサイド・アウトのアプローチをとり、四十八時間以内に自分の勉強した内容をほかの人に分かち合う、あるいは話しあうことを前提に読んで欲しい。

あったからね。


というわけで今週は7つの習慣を読んだ感想などが連載されるかもしれません(されないかもしれませんw)


今日は第一部を読んだまとめ。
第一部 パラダイムと原則について



インサイド・アウト

成功に関する二つの主張⇔個人主義と人格主義


個人主義:うまい手帳の使い方、対人関係に関連したテクニック、ライフハックなど。テクニックによる効率化⇒成功

人格主義:成功は誠意、謙虚、忍耐、正義、勇気などからもたらされる


筆者は、個人主義に代表されるテクニックにばかり拘泥した成功論を嘆いているみたい。根本的な考え方の転換(パラダイム転換)なくして、個人主義はその場しのぎで問題の解決には繋がらないと主張する。

ただ、注意しなくてはならないのは

基礎となる人格の良さがあってはじめて、テクニックが生きてくるのだ。


とあるようにライフハックなどに代表されるテクニック自体を否定しているわけではない。


筆者は、一貫してこの人格主義による成功を説いて行こうとしているようだ。

パラダイム(物事の見方、人格)を変えること無くテクニックに拘泥することは、間違った地図に従い目的地に向かって効率的にたどり着こうとしていることと同じだ。地図を正さなくては何時まで経っても目的地にはつけない。


インサイド・アウトとは、自分自身の内面(インサイド)を変えることから始めるということであり、自分自身お根本的なパラダイム、人格、動機などを変えることから始めると言うことである。





人生の扉を開く「7つの習慣」

これから学ぼうとする7つの習慣について第一部の後半ではプロセスについてざっくりと概観されている。


  • 習慣の3つの要素

  • 相互依存への道

  • P/PCバランス




習慣の3つの要素

知識:ナニをするのか、なぜするのか
スキル:どうやってするのか
やる気:実行したいやる気

習慣を形作るにはどれも必要であると主張している。最近よく読んでいた効率化に関する書籍は、基本的に『やる気に頼る手法』には否定的だったから新鮮だったわけだが、もっともと言ったらもっともなことだ。




相互依存への道

依存⇒自立⇒相互依存という発展的なプロセスが成功について存在するらしい。7つの習慣はこの相互依存へと私たちを導くと主張する。


依存:『あなた』というパラライム

『あなた』がワタシを世話する。『あなた』がやってくれないとだめ。結果がでないのは『あなた』のせい。自分の裁量のないこのフェーズはひどく不安定だ。

自立:『わたし』というパラダイム

『わたし』が責任を取る。『わたし』は選択する。依存からするとかなり成熟したフェーズだ。この自立というものは比較的多くの人に啓蒙されているような実感がある。だが、相互依存と言うさらに上位のフェーズが存在する。

相互依存:『わたしたち』というパラダイム

『わたしたち』はできる。『わたしたち』は協力する。

依存している人は、欲しい結果を得るために他人に頼らなければならない。自立している人は、自分の努力によって欲しい結果を得ることができる。そして、相互依存している人々は、自分の努力と他人の努力を引き合わせて最大の結果を出すのである。



P/PCバランス

ぐぐると一杯出てくる。ようは、刈り取ってばかりはいられない。私たちは育てなくてはならない。ただし、育ててばかりで刈り取るのを忘れてはいけない。つまり、バランスだ。



では第二部から第一の習慣が始まります。



<所感>

昨年から効率化だとかライフハックだとかそういった関連の書籍を沢山読むようになった。そういった書籍の多くは僕の時間を節約してくれるし、色々な発見や驚き、楽しみも与えてくれる。一方で、いつもその場限り、ケースバイケースのテクニックを詰め込んでいるだけという感覚も持つようになってきていた。

何か、原則だとか根本的なものの見方といったものに関した本を読みたくなってきたころあいだった。そういう意味では7つの習慣は第一部を読んだ限り僕のその欲求を十分にみたしてくれそうな雰囲気がびしびしとしている。

のっけから個人主義と人格主義の対比は上記のもやもやとした僕の疑問をずばり指摘してくれていたように感じる。効率的なことは今も大好きだ。今度は正しい地図を手に入れなくてはならないようだ。

第一部に関して思ったことは、以前に読んだ『原因』と『結果』の法則と相通ずる考え方がこの本の根底にも流れていそうだということです。まさにインサイドアウトの考え方だったからね。


続きを読むのが楽しみですね。



[ 2010/01/19 12:42 ] Bookレビュー | TB(0) | CM(2)
ぉぉぉおおおおお!助かります。←
jassの「7つの習慣」は本棚に眠っているので。

これからの更新が楽しみです(^p^)

Creative Lifeのハナさんのエントリーもそうですが、
そのグレーの枠内に文字を書けるのはFC2固有のものですか??
[ 2010/01/19 23:03 ] [ 編集 ]
いま読んでる本がつみあがっててどの程度すすむもんかw

htmlコピペしたら~

別にFC2だけのものじゃないよ~
[ 2010/01/19 23:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

photphotphotoh
FC2カウンター
月別アーカイブ
08  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  09 
now reading
ハセの今読んでる本
COUNT DOWN


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。