FC2ブログ

ぼくと経済学と時々音楽

来年から経済学大学院に入院することが決まった人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6つのカプリス ~ 2本のサクソフォンのための作品集

サックスを始めたばかりの方々とサックスの作品には馴染みのないクラシック愛好家に薦めたいCD

トルヴェールでもおなじみの(もう新井さんはトルヴェールでおなじみと言ってイイのかは定かではないですが)彦坂さんと新井さんの二重奏による作品集です。



*セットリスト
1. J.-M.ルクレール:2本のサクソフォンのためのソナタ
2. J.S.バッハ:インヴェンション
3. C.P.E.バッハ:デュオ
4. W.F.バッハ:デュエット 第4番
5. W.A.モーツァルト:デュエット 第3番
6. P-M.デュボワ:2本のサクソフォンのための6つのカプリス
7. C.ケクラン:2本のサクソフォンのための24のデュオ 作品186より 第1番~第4番
8. P.ヒンデミット:2本のアルト・サクソフォンのためのコンチェルトシュテュック





昨今のサックスの作品の多くは高度な技術を要し派手なダイナミクスレンジを持つ。確かにどれもサックスという楽器の持つ機動性・表現力を遺憾なく発揮している作品ばかりだと思う。


だけど、サックス吹きしか聴かず、サックス吹きしか楽譜に興味を示さない、演奏会を開いてもサックス吹きしかこない、そういった作品が増えてきているのも事実なんじゃないかと思う。つまり、サックス界隈での自己消費に過ぎない状況が続いているようにも思う。

それは作品に限らず演奏スタイルにも影響しているように思う。



そんな背景もあって自分はこのCDをサックスを始めたばかりの人に薦めたい。



ひたすらニュートラルな音色・演奏スタイル。派手さばかりにとらわれた音楽ばかり聞いてサックスを練習するのは大きな損だと思う。こんな澄んだ音が出るのか、こんな繊細な音が出るのかと驚いてほしい。

実際に自分のまわりのプレーヤーを見ても、ハイトーンや大きな音、派手な演奏に執心な人は実に多い(それが悪いといっているわけではない)が、繊細な楽器の奏法に関してはどうも鈍いというか熱心ではないって人が多い。

どうも僕たちがおかれている音楽環境は、派手なものの比重が多いみたいだ。ここらで、こういったシンプルで繊細なサックスの演奏を聞いてみるのもバランスを取るためにはいいかもしれない。




また、選曲もヒンデミットのオリジナルやバッハの編曲ものと多様だ。一般的な『クラシック』に近い面持ちの作品が並ぶ。

その意味でもサックスの作品には馴染みのないクラシック愛好家にも是非聞いてみてほしいと思った。手にとってたぶん驚くはずだから。


冒頭書いたように、他の楽器ほど歴史の無いサックスはサックス吹きの中での自己消費を抜け出せていないのが現状だろう。サックスらしさを全面に出した曲でアピールしてもいいが、『保守的な』クラシック愛好家の方々にも裾野を広げるにはこう言ったシンプルな音楽で、サックスでもこういった『クラシック的な演奏』が出来るのかと言うことを知ってもらうことには意義があると思う。





とまぁつらつらと書いたものの勿論十分にサックスに習熟したような方々でも十二分に楽しめるだろう。むしろ、ある程度習熟した方々のほうがこう言った曲を仕上げることの難しさを知っているので驚きや発見があるかもしれない。


お気づきの方もいるかも知れませんが、暗に先日レビューした須川&チェの二重奏を念頭において書いたものだ。



派手な演奏にやや否定的なニュアンスで書いたもののこれは単にベクトルの違いであっていずれも素晴らしいアルバムであることには変わりない。いずれも大好きなのだ。ただ、楽器を始めたての人たちがこういう『カッコいい』演奏ばかりを聞いて表面的な派手さばかりに拘泥するのが怖いなと思って書いたわけです。

勿論自分を持った奏者の方々にとってはどちらも超一級の演奏ですので十分に楽しめるでしょう。須川&チェとあわせて買って損のない一枚です。


[ 2010/01/16 20:22 ] CDレビュー | TB(0) | CM(2)
はじめまして♪
はじめまして、Emilyと申します。

大学院生になられるんですね。
私も大学院生をやっていたので、
大学院時代の事を、ブログで書くことにしました。
なので大学院生のブロとも募集中です。
もし良かったら、覗きにきてください。
[ 2010/01/18 00:16 ] [ 編集 ]
あーいらっしゃいませ^^

お、大学院の生活はどんなんかきになりますね~♪
[ 2010/01/19 22:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

photphotphotoh
FC2カウンター
月別アーカイブ
08  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  09 
now reading
ハセの今読んでる本
COUNT DOWN


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。