FC2ブログ

ぼくと経済学と時々音楽

来年から経済学大学院に入院することが決まった人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大学院試験 ミクロ経済学




そういえばマクロ編だけ書いてミクロは放置だったので更新します!とは言っても、院試だけ考えるんだったらあのテキストをまわす事を強調するだけになっちゃいそうですけど^^



経済学で大学院試験を受けようと考えている人だったらもう言う必要はないだろうことですが…


『院試の問題を効率よく解けるように慣れるには』って目的を達成したいなら以下のテキストを使うのがやっぱり早いのかな~


というわけで

武隈ミクロ!







とりあえずこちらのテキストをいずれもスラスラと解けるようになることが院試に受かるって目的だけを達成したいなら効率的と思いました。



ただ留意点が3つあります。


①応用分野が弱い
②入門書とは言い切れない
③計算手帳にしない





①応用分野が弱い

コンパクトに纏っていることが利点でもある武隈ミクロですが、応用分野が弱いです。つまり、ゲーム理論や国際経済学などがそれに当たります。

確かに、ゲームや国際経済だけで一冊テキストが出るくらいなのでミクロ全般を俯瞰するようなテキストにそれを求めてはいけないような気がします。

とはいえ大学院試験のミクロでは消費者理論・生産者理論・一般均衡などの基本となる分野だけでなく、ゲーム・国際経済・公共経済もしっかり出るので他のテキストで補う必要があります!



自分の場合はあまり馴染みのない分野は授業を受けるのが一番効率的と思っていたので学部中級レベルの授業や大学院の授業を積極的に受講していました。各分野で使ったテキストは次になります。



◆ゲーム

やっぱりギボンズはわかりやすい!おすすめ!
大学院試験を受けるに当たっては第二章までカバーして何とかなりました。





ミク戦は初めてゲームをやろうと手に取ったテキスト。優しそうな見た目に反して結構高度なことをやったりする場面があったり笑。初学者が独習で使うのに最初に手に取るにはどうだろう…というのが自分の感想。テキスト自体はとっても面白い!






武隈ミクロでゲームを学習しようとはあまり思いませんでした…




◆国際経済学

ぎゃんが薦めていたのはクルーグマン!




自分は国際経済は結構さぼっちゃっていたので苦戦したけど。

このテキストは手に取れば分かるけど超巨大なので必要そうな分野を掻い摘む感じで使えばいいかと思います。




◆産業組織論・不完全競争

こちらはテキスト書いてる先生の授業を受講して使いました。






導入にはとってもいいものかと思います。

僕もこの授業とテキストで(大分楽しみながら)不完全競争の問題にはなれました。正確にはこのテキストで流れを把握したので武隈の問題演習がサクサク進むようになったって感じ。




②入門書とはいいがたい?

アマゾンのレビューやら色々見てると数学的にきついとか入門としてはきついってコメントがよく目に付きます。何を持って中級と呼ばれているかはよく分かりませんが中級レベルのテキストならしいです。


確かに数式を使って説明もコンパクトなので参照しやすいのですが、確かに理論に対する現実の背景といったフォローはあまり多くありません。そういった意味でミクロが全く初めてって言う人が最初に手に取ると挫折しやすいって点には注意が必要かもしれません。



自分の場合は授業で使っていたって言うのもあってそこらへんの補足は授業で成されていたので結局武隈ミクロでミクロ経済学に入門したことになります。だから伊藤先生のテキストやヴァリアンの入門のほうなどミクロ経済学の超入門のほうは飛ばしちゃいました。

授業でしっかりやっているなら、別にこのテキストからはじめたって問題はないように感じます。数学的にも別にきついことが出てくるわけじゃないしね!





③計算手帳感覚になってない?

反復は力です

こつこつの出来ない自分に足りないのが反復でした。四の五の言わずにガリガリ問題解きまくってなれるっていうのは試験勉強っていう意味ではとっても大切だと思います。問題を解くことによって理解が進むって言うことも皆さん経験済みでしょう。

ですが、慣れてきたら単なる公文式よろしく練習手帳感覚で使っていないのか?っていうことには注意が必要です。


語弊がありそうで怖いですけど、武隈レベルの問題だと基本的には問題の構造を定式化して最適化に持ち込めば大抵解けてしまうと言うことも出来ると思うのです。

何回も解いていると立式は何となく頭に入っていて、何も考えずに微分して最大化・最小化問題を解くっていうラクランジュ乗数法練習手帳にしてしまうっていうことが考えられます。



ですから各章の内容を本当に理解して問題を解いているのか?っていうのは大事なことだと思います。

『ぐへへ、もう武隈5周もしちゃったもんねー★』

だけだと足をすくわれる可能性があるように思います。実際に、試験の応用問題のほうではちゃんとした理解があるかを問われる問題が沢山出るので。




例えば、クールノー競争の問題が挙げられます。

テキストでは基本的に2企業の競争が問題として頻出です。

ですが、今年の京大の試験にも出たのですが『企業が3つ登場して、うち2つが合併して2企業の競争になった場合はどうなるのか?』って問題が出たりしています。たしか、企業が合併してしまうクールノー競争の問題は一橋の過去問でもあったような記憶があります。

とまあ、このように2企業のモデルを何にも考えないで取り合えず微分して利潤最大化すればおkって考えていた人は立式のところで躓いたかもしれません。




というわけでテキスト自体はコンパクトで試験対策としてはとっても使いやすい武隈ミクロですけど、理解が伴うように使うことには注意が必要です!

くれぐれも練習手帳感覚で使わないように笑




試験に受かるっていう狭い視野にとらわれちゃだめってことなだと思います!



おまけ!

武隈以外には奥野ミクロをちょいちょい使いました。双対性アプローチが載っていないですが各章とっても分かりやすく纏っていました。個人的には生産者理論の最適化の流れがすごく分かりやすくて感動でした。

また著者の専門のゲームや情報などの章が充実しているのも特筆すべき点です。






こんな感じですかね^^
[ 2009/12/23 13:04 ] 院試勉強 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

photphotphotoh
FC2カウンター
月別アーカイブ
08  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  09 
now reading
ハセの今読んでる本
COUNT DOWN


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。