FC2ブログ

ぼくと経済学と時々音楽

来年から経済学大学院に入院することが決まった人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

長生淳『八重奏曲』


やあバイトレポート部活の三転責めで満足ブログを書く時間がないよ。


うぼぼ


たまにはおもいおもーいに音楽のことでも。


今月は内の大学も大学祭があります。ぼくの入ってる吹奏楽部ではアンサンブルを聴くことの出来るのカフェを例年出展しています。


というわけで学祭が近づいてきたので今年の学祭で自分が演奏する曲を紹介していこうかなって思います!



ちなみに二重奏・四重奏・八重奏と組んでます(組みすぎたー


第一弾は八重奏でやる曲をご紹介!

長生淳作曲 八重奏曲


こちらはトルヴェールとオーレリアっていう二つのカルテットが一緒に演奏することになった時に委嘱された作品です。


プロ仕様なので難度は結構高めです。


特徴としては、八重奏としてというよりもダブルカルテットとして書かれている点が挙げられるとおもいます。二つのカルテットが互いに火花を散らす場面がたびたび笑

初演はされていますが、残念ながらプロの演奏の録音は公式には未だに出てでいません。


国立音大のサックス科の方々の演奏はブレーンでダウンロードできます。
たしか、昭和音大のサックス科の方々の演奏も出ています。


ニコ動やようつべにはこの音源しかあがっていません。少々傷が多すぎる気がしますが一応全国大会の演奏ならしいです。難度が高めなので、音大生の方々の音源も結構ミスがあったりします(どれくらい練習しての演奏かは分かりませんが。



↑聞きながら読んだらいいさ




曲は二つの楽章から成ります。

第一楽章はなじみ易いメロディと二つのカルテットのスピード感溢れるやり取りが楽しめます。

第二楽章は大雑把に言って三つの部分からなります。

長生淳の四重奏曲の第三楽章にも似た少し不穏でそれでいて透明感のある音楽から始まります。
事切れる様に音楽が収束していった瞬間唐突に攻撃的な曲調で第二部が始まります。同じ楽器同士で激しい連符のやり取りが展開します。
第二部を経て音楽は一旦静まりバリトンのソロによって第三部が始まります。第一楽章のモチーフを使ったような明るい音楽で終りまでひたすら駆け抜けて行きます。と、思わせておいてフラジオを重ねまくった強烈な和音で終りが唐突にやってくるあたり長生さんらしい幕引きが準備されております。




なんてのをうろ覚えの記憶でざっと書いたので適当なことを書いているかもしれません笑


今回ぼくはこれのアルト1stを担当します。

八人もいると練習組むのも大変で実は全員集まった練習がまだ一回しかありません嗚呼

そして後二回で本番なんだけどねッッッ!

この曲を三回合わせで本番とか結構無謀無謀。とりあえず一回目の合わせでインテンポで通ったので止まりはしないと信じてます(キリッ




やってみた印象としては長生さんの曲らしく、結構スケールやら分散和音やらがエチュードのようにまんま散りばめられています。

四重奏曲の古典のように音楽的なことを深く考えるっていうよりも、ダイナミクスのメリハリやかっちりとしたアンサンブルで取りあえずはカッコイイ演奏として纏りそうな感じを受けます。

なにより楽しんだらいいさって雰囲気がとっても感じ取れるよね。


個人的には第二楽章もやりたかったんだけど練習時間と演奏時間の関係上カットです涙




例によって長生さんの曲なので大体どの楽器もフラジオが出てきます。
が、この曲をやるような人たちだったらラとかソくらいだったら出すだけだったら出来てると思うのでそれほど深く考えなくていいと思います。




というわけで最近はだいたい楽しんで吹けるようになりつつあるも、本番はまだまだおっかなびっくりですw



そろそろランキング貼るのも面倒になってきたぼくです。



[ 2009/11/06 00:10 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)
長生淳の八重奏曲は至高ですね
僕も八重奏曲のアルトの1stを吹きました。
1楽章の掛け合いの妙ははまりますよね。
2楽章は楽器を突き抜けて奏者の体まで興奮がほとばしって、音域も容赦なく限界突破。熱い。
めちゃくちゃ難しかったけど本当に楽しくて燃えました笑
また吹きたいなあ。

[ 2009/11/30 20:38 ] [ 編集 ]
はじめまして!

うおーサックス吹きさんがきてくださって僕はうれしーですよほんと!

いや長生はカッコイイですよね~♪個人的には第二楽章も是非やってみたかったんですが!

燃えますねこの曲w
[ 2009/11/30 23:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

photphotphotoh
FC2カウンター
月別アーカイブ
08  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  09 
now reading
ハセの今読んでる本
COUNT DOWN


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。